ひざに乗って楽しそうにしていたと説明すると、よくそうしていたんだと夫婦は切なそうに、懐かしそうに言って。

ものすごい勢いで水を飲んでいたことを話すと、生前は、呼吸器の関係で、いわゆる一気飲みが困難だったことを教えてくれた。



「憧れてたんでしょうね」

「もしかして、それでやっと天国に行けたのかしら」



夫妻が、目じりに涙を見せながら笑いあう。

いえ、おそらく、と新庄さんが控えめに声を発した。



「僕が、帰るよう言ったら、突然車を飛び出したので」



家に、向かってるんじゃないでしょうか。


一瞬ぽかんとした奥さんは、こらえきれないというように、涙をこぼして。

慌ててそれを拭うと、迎えてあげなくちゃ、と旦那さんをせかして車を出させた。


私たちは、花の横にペットボトルの水を供えて、手を合わせて、帰ってきた。



新庄さんも何か思い出しているんだろう、手を握ったり開いたりして考えこんでいる。

無理もない、彼は実際にあの子を、そのひざに抱いていたのだ。



「名前、聞けばよかったな」



本当にそうだ。

不思議さに圧倒されて、それすら思いつかなかった。


また、あっちのほうへ行くことがあったら、あの道を通ってみよう。

会えなくても、誰かが想っていることが伝われば、彼女もさみしくないだろう。


いかにも全身に愛を受けて育った雰囲気の彼女の笑顔は、思い出すだけで心が温まる。



「私も、抱っこしたかったなあ」



小さい子なんて、相手する機会がない。

新庄さんは、少し困ったように笑って、グラスに口をつけた。



「意外と重かったよ」



あと、という声と氷の音が重なる。



「夏の匂いがした」





Fin.

──────────
thanks : 美奈様