私たちは、いつだって不器用で馬鹿だ。


「俺はもう、皆の前に顔をだせない。」

そう、辛そうにいう先輩に私はいつも言葉を返せない。

なんて、馬鹿なんだろう。



あまり目立たない普通の女の子(後輩)

×

校舎裏にいつもいる男の子(先輩)


「寂しいから、毎日来てよ」

「は、い…」


先輩は、いつも笑顔だけどたまに寂しそうな顔をする。


先輩、笑ってください。



スタート→2015.11.27

エンド→



“待ち合わせは校舎裏で。”


今日も校舎裏は、寂しくて冷たくて。でも、どこか温かい。

この作品のキーワード
校舎裏  先輩  秘密の関係  切甘  不器用