「飲め」

「は……はい」


どうしてこうなった? と自分の中では疑問符がいっぱいで。なぜ、自分が課長のマンションにいるのか。課長の大きなコートに包まれたままでいるのかという現実が飲み込めない。


無言のまま課長にマンションに連れて来られた私は、ダイニングらしいテーブルでマグカップを渡された。おずおずと口にすると、フルーティな味と香りのお茶でとても飲みやすい。


「エルダーフラワーのハーブティだ。風邪には効くから体が楽になっただろう?」


課長に言われて、そういえば体がぽかぽかと暖まり、痛んだ喉や頭痛が和らいだ気がした。


「はい」

けれど、どうして課長は私が風邪を引いたと気付いたんだろう? まだ熱が出たり咳が出たりしたわけでもないのに。


「頑張るのはいいが、根を詰めすぎるな。体調管理も社会人の大切な仕事のうちだぞ」


以前と変わらない厳しい口調に思わず彼を見上げると、眉間にシワを寄せて睨まれた。思わず俯いて唇を噛む。


やっぱり私は頑張ってもダメなんだなあ……とじわりと滲んだ涙を拭おうとした瞬間。


グイッと体が傾いて、頬に硬い感触を感じた。