「つ、疲れたぁぁぁ」



ぐったりとその場に座り込んだ梨乃。
息が上がりヘロヘロの様子。



「その様な場所で座り込んで、はしたないですよ。プリンセス」

「そんな事言われても・・・」



疲れ果て反論する元気もない。
初日から手厳しいレッスンに、梨乃はすでに心が折れそうだった。




「仕方ありませんね。しばし休憩といたしましょう。隣の部屋で飲み物を用意いたします」



ため息を吐きながらクロスがそう言うと梨乃に手を差し出した。
梨乃がそっとその手を取るとすっと引き起こした。




「ありがとう」

「初日にしてはよく頑張られたと思いますよ」




クロウはそう言って笑う。
梨乃はそれに微笑んだ。




この作品のキーワード
ファンタジー  プリンセス    騎士    異世界  護る  純愛  F大賞2