そんなことないと自分に言い聞かせる。こんなに私は簡単に男の人に思いを寄せたりしない。優しくされただけで恋が始まるなんて考えられない。だから、これは恋ではない。


 でも、我が儘を言いそうになる私がいた。自分の気持ちが自分で分からないということがこんなにも心が落ち着かないのだろうか?


 幾つもの疑問が湧き、それが消化されないうちに新しい疑問が湧く。そんな状況に中にあるのはただ一つのこと。これは間違いない。


『帰って来ないと聞いて残念だと思った』


 きっと私は自分でも気づかないうちに海斗さんが帰ってくるのを楽しみにしていた。でも、偽装結婚をしようとする中で、海斗さんに必要以上の好意を持つべきではない。あんなに優しい海斗さんにはすぐに本気で好きになる人が出来るだろうから、その時が私との偽装結婚が終わる時だと思う。


 海斗さんとの偽装結婚が終わる時は別れの時。別れる時が辛くなるのは私の方だろう。海斗さんにとっては仕事を上手く行かせるための通過点でしかない。まだ、これは好意であって恋ではないのだから、今なら引き返せる気がする。


 いい人だと思う。優しい人だと思う。

 私が一番つらい時に助けてくれた。そして、今もこんな生活をさせて貰っているだけで十分だと思うから、我が儘を言ってはいけない。

 それなのに、『海斗さんは自分の仕事を守るために私と偽装結婚をする』という現実に自分がどうしようもないくらいに揺れていた。