『結婚という誓いをたてても、結局は人はひとりで、心までつながるなんて出来ないって』



車の中でそう言って、彼が笑みの合間に見せた寂しげな表情が、消せない。



私が夢を見すぎているだけで、現実ではそうなのかもしれない。

だけど、それで諦めてしまうのはあまりにも悲しい気がする。



そんなことない、心がつながることだってできるはず。

……なんて、そう言い切ることは出来ない。だけど、信じたいよ。



『純粋だ』と笑われても、信じたい。








この作品のキーワード
社長  秘書  意地悪  OL  御曹司  イケメン