キスの相手が先生だったから……わたしは今、死にそうなくらい、ドキドキしてしまっているんだ。

気づいてしまう。わかってしまう。

自分の奥底に、いつの間にか芽生えていた、感情を。

キスに、べつに意味はない。そう思い込もうとしていた。でも、本当は。

先生がもし、ほんの少しでも、わずかでも気持ちがあってしてくれたものだったなら、いいのにってーー


「……っ、」


この瞬間、自分の欲張りな本心に気づき、真由美は両手のひらで、口元をおおった。

指先と、手のひらにかかる息が、小さく震えている。


「どうしよう……」


泣きそうな声で、呟いた言葉。

どうしよう。どうしよう。気づいてしまった。わたし。


……わたし、神崎先生のことが、好きだ。

先生を、好きになってしまったんだ。


自分自身でたどり着いてしまった真意に驚愕しながら、真由美はベッドの上で、ぎゅっと身を縮めた。

濃い一日の締めくくりに訪れた、初恋の自覚。

それは真由美には、うまく制御できるものではなく、とうてい処理できるものでもなかった。

寝転んだ体勢のまま、真由美は頭を抱え込む。

と同時に、ピロンッと音が鳴り、一通のメッセージが携帯に入った。


『真由美、元気か?』


携帯の画面に、メッセージが表示される。

携帯を手に取り、送られてきた人の名前を目にして、真由美は半泣きになりながら、ホッと息をつくことができた。

あたたかい気持ちが胸を満たす。

眉を下げ、画面に表示されている、続きを読む。


『会いたいんだけど、来週金曜の夜、あいてる?』