私は春から高校生になる真菜。性格は良く天然って言われる...けど、自分では天然だとは全く思ってない。私が天然とかないでしょ。
顔もいまいちだし可愛くもないしブスでもない。
運動神経は自分では良い方?だと思ってる。体力にはそんな自身はないけど短距離とかそんな感じのは楽勝!!
スタイルはそんなに良くないほうです。背が低いんで...でも、低いと言ってもそんなに低くないですよ?んー、156とかかな?まぁ低いですよねー。私の憧れの身長は163です✨はい。そんな事は置いときましょう。
私が春から通う高校はローズ学園。

名前はゴージャスな感じがするけどそうではない。
校内とか学園の見た目とかは名前の通りって感じだけど生徒とかはそんなでもない。
だって、お嬢様学校ではないから。
普通の人が通う高校なのです。
私が選んだきっかけは高校の制服が可愛くてついみとれてしまってローズ学園に通うことにしました。
男子の制服もかなり評判です。それだけではなく、偏差値も高いので通うことにしました。
なので、この学園は美男美女が多いのです。
はぁ。最悪だ。てか、バカだ。そんな事なら違う高校に行けば良かった。私の顔みたら皆どんな反応するかな?私顔には全く自身ないから。はぁ。もの凄く心配...。
私、明日から大丈夫でしょうか?
高校生活...。
「はぁ。」
「ちょっとー。朝からため息ばっかよ真菜?」
「へ?あ、ごめん。」
「まぁ、大丈夫よ!真菜なら!頑張りなさい。」何故かお母さんは元気で朝からテンションが高い。それは、多分お母さんが通っていた高校って事もあるのかも!?そこで、お母さんとお父さんは知り合ったんだってさ。まぁ、どっちも学園の美男美女で有名だったらしい。
「はーい。まぁ、行ってきまーす。」
「気をつけてねー。行ってらっしゃーい!」
はぁ。やだな。心配これからどうなるのか。友達はできるのか。とか色々。
でも、大丈夫!!私には小学校の頃からの大親友がいる。
「まーなー!ごっめーん!待ったー?」そう。私の大親友の桜も一緒の高校に通うことしたんだって~、嬉しすぎる。
「ううん。全然!!桜の顔みたら心配事なんて吹っ飛んでった。ちょっとは...。」
「あ、そなの?それは良かったってちょっとはって何よ。」
「まぁまぁ、そんな事は気にしなーい!気にしなーい!ってわ!」ん?痛みが感じない。へ!?
つづき。

目次