横山くんは私のことが好き……。
男性恐怖症を治す間に、その気持ちに応えることができればベストだと思うけれど、正直言って自信がない。

恋したことがないから……。

困り顔になった私を見て、横山くんは話を逸らした。

「紗姫、手を出して」

言われて右手を出すと、彼の右手も伸びてきて軽く握手をする。

「握手は平気なんだな。
どこまでなら触れても大丈夫? 手首は?」

そう聞かれた後に握手が解かれ、そのまま手首を握られた。

これも大丈夫。
突然掴まれるのは怖いけれど、こんなふうに前置きした上で手首を握られるのは怖くない。

でも、私の顔色を見ながら横山くんの手が、手首から少しずつ上に移動すると……肘の内側でギブアップしてしまった。

「ごめん……ちょっと、怖い……」

すぐに彼の手は離れて行き、私は大きく息を吐き出す。

「まあ、東京に帰ってからだな。ゆっくり始めよう。今から練習すると、俺の方がヤバイし」

もう寝ようと言われて、私は立ち上がり布団の位置をギリギリまで障子側に寄せた。

「横山くんの布団も、襖にぴったり付けてもらえるかな」

そうすれば狭い部屋の中でも、1メートル以上の距離を置くことができるから。

「先が長そうだな……」

そんな独り言を言いながらも、彼は布団の位置をずらしてくれる。

男性が怖いという感情は、仕方ないことだと思っていたけれど、今初めて治したいと思うようになっていた。

2枚並んだ布団のこの距離を、少しずつ縮めていけたら……。