◇◇◇

9月中旬、夏が終わりそろそろ涼しくなってきた頃。

大会議室の花瓶の花は、秋色に変わっていた。

15時過ぎに部署を抜け出し、こっそりここに来た目的は、桃ちゃんとの楽しい休憩タイムのため。

それなのに今、私は厳しい指導を受けていた。
そう、男性に慣れるための、遼介くんの指導を……。

壁に背を当てて立つ私の顔の横には、二本のグレーのスーツの腕。

その腕は壁に突き立てられていて、いわゆる壁ドンと呼ばれる状況で、私は彼と見つめ合っているのだ。

「そろそろ苦しくなってきた……」

そんな弱音を口にしたが、「まだいけるよ。あと30秒頑張って」と励まされただけで、解放してくれない。

耳もとで鳴っているかのような、速くて大きな自分の心音が煩い。

背中には冷汗が流れ、甘口の双眼に色気を感じるたびに、手が小刻みに震えてしまう。

まだまだ男性に恐怖を感じてしまう私だが、これでも随分とマシになったと思っている。

遼介くんが偽の彼氏役を引き受けてくれたのは7月上旬のこと。

それから2ヶ月と少し、彼は優しい言葉で結構厳しく私を特訓してくれた。

ある日の休日は、腰に腕を回して体を密着させた状態での植物園デート。

汗びっしょりになってしまったのは、暑い日差しのせいではなく、冷汗が流れるせいだった。

この作品のキーワード
同期  美人  オフィスラブ  初体験  じれじれ  大人の恋  ギャップ  溺愛  男性恐怖症  胸キュン