皆んなの輪の中にいる時、彼はこんな目をして笑わない。もっと明るく、力強く、輝くような目で笑う人だもの。

傷ついても尚、笑ってくれる横山くん。それはきっと私の為で、その大人の優しさに心が痛み、自己嫌悪が増した。

私はなんて嫌な人間なのだろう。
なんて臆病なのだろう。

分かっていても、素顔を見せる気持ちは起きなかった。

横山くんから目を背け、足もとに向けて言う。

「私の実家、ここから近いの。実家に寄って帰るから、送らなくていいよ」

彼の車にふたりきりになるのが怖かった。

その怖さは、男性恐怖症からのものというよりは、傷つけてしまったことに対しての方が大きいかもしれない。

横山くんは「そっか……」と呟いただけで引き止めず、私は彼に背を向けて歩き出す。

ごめんなさい、横山くん。
ありがとう、こんな私に気を遣ってくれて。

でも、もう傷つけたくないから、なるべく私に構わないで。

心の不自由な私には、こんな態度を取るしかできないから……。