綾と茜のお陰で
前回みたいに、落ち込むことはなかった。

崇おじさんから
「愛浬亜と茜の専門学校の
入学祝いをしよう」
と、言われた。

茜が、入学した時には
私が、悪かったから
出来なかったんだ。

「ごめんね、おじさん。
茜のお祝いを盛大にしてね。
私は、ついででいいから。」
と、言うと
美佐おばちゃんが
「あら、愛浬亜は、快気祝いよ。」
と、言ってくれたから
「ふふっ、ありがとうございます。」
と、言った。

その日は、綾もきてくれて
綾は、茜と私にお揃いの時計をくれた。
史人さんもきてくれて
花束をくれた。

茜には、何もなくて
茜は、プンプン怒っていたから
洋服を買いにつれて行って
もらうみたい。

崇おじさん、美佐おばちゃん、茜、
史人さん、綾、そして私。
6人で楽しく、料理も美味しく頂いた。

史人さんとも、
話しをすることがで来はじめて
良かった。
綾が、ずっと手を繋いでくれていたから。

食事が、終わるときに
綾が、
「崇さん、美佐さん
愛浬亜が、専門学校を卒業したら
僕に愛浬亜をください。」
と、頭を下げた。

崇おじさんと美佐おばちゃんは、
びっくりしていたが
茜が
「おめでとう、愛浬亜。
幸せになるんだよ。」
と、言うと
崇おじさんは、
「愛浬亜は、どうなんだ?」
と、言うから
「いま、始めて、聞いたけど
私も綾と生きていきたい
と、思っています。
おじさん、美佐おばちゃん
お願いします。」
と、言うと
「わかった。
綾、約束しろ。

愛浬亜を絶対に泣かすな。
住まいは、うちから10分以内。
一週間に一度は、愛浬亜を
うちに寄越せ。
いいなぁ。」
と、言った。

すると、茜と美佐おばちゃんは
大笑いした。

史人さんは、呆れた顔をしていて
綾も、笑いを堪えていた。

私は、嬉しくて
涙が溢れていた。

綾は、私を抱き締めて
「愛浬亜、プロポーズは、
きちんとするからね。」
と、言うから

うん、うんと、頷いた。