「当分泊めて」

「えっ?」



10月に入った土曜日の朝、しつこいチャイムに観念して出たら、久住くんだった。



「電話くれればよかったのに」

「しただろ!」



あれ?

見てみたら確かに着信の記録がある。



「ごめん、私、寝るって決めたら起きないの」

「そうだと思って来たんだよ」

「なにかあったの」



いきなり来て、当分泊めろって。

当座の服や日用品などをスーツケースに詰めて、まるで家出の様相だ。

朝食はまだだと言うので、サンドイッチを作りながら尋ねた。



「ゆうべ、警察が来てさ」

「匿わないよ?」

「俺じゃねえよ、隣の部屋の人が遺体で見つかったんだって」



口にするのも恐ろしいとばかりに、落ち着きなくコーヒーを飲んでいる。



「殺人の疑いで捜査中ってことで、俺のとこにも私服が来たの」

「やっぱり刑事って二人組なの?」

「お前、面白がってんだろ!」



そんなことはない、けど…。

怖がっている久住くんが新鮮で、つい刺激したくなるのは確かだ。



「計画的な犯行だから、犯人は何度も下見に来てるはず、とか言われてみろよ、ぞっとするぜ」

「えっ、じゃあ会ってるかもしれないってこと?」

「てことだろ、顔写真いくつも見せられて、『見覚えありませんか』って。あってたまるか」



吐き捨てながらも、もう泣きそうだ。

確かにそれは恐ろしい。

というか、危ない。

三回ほど行ったことがあるだけの私でも、背筋が寒くなる気がするんだから、ひとりで家にいられなくなり、飛び出してきたというのも、わかる。

この作品のキーワード
大人の恋  同期  強引  じれじれ  オフィスラブ  俺様