その夜はひどかった。

せっかくそれなりに時間をかけて見つけた、お互いのいいところを全部無視して、取っ組み合いみたいな状態になった。

夕方から吹き荒れ始めた風雨が、調子を合わせるように激しく窓を叩いた。


汗だくで、息を切らして、それでも相手を貪る。

あの久住くんが、口をきく余裕もなくして、ひたすら私をかき抱く。

荒い吐息と、昂る瞳と、濡れた背中。

しがみついて、意識を失わないようにしているのが精一杯だった。


私たちはいったい、どうなってしまったんだろう。





『賢児くん元気?』

「げ…んき、かな、うん」



声を低めながら、背後のベッドを振り返った。

裸の腕を投げ出して、久住くんが泥のように眠っている。

枕に半分埋まった、熟睡の寝顔を見て、考えてみたら彼は、帰宅した時点で相当疲れていたはずだと思い至った。

姉がくすくすと笑い声をたてた。



『愛されてていいねえ、賢児くんのこと、大事にしなね』



うん、とうまく言えていたかどうか。

愛されている、だと?

たとえばそれって、どういうこと?





「六条、お前も外?」



翌日の昼休み、負荷が集中してなかなか来ないエレベーターを待っていると、脇の階段から声をかけられた。

久住くんだ。



「いい天気だから」

「じゃあ一緒に行こうよ」



後ろから顔を出したのは、吾川くんだった。

階段のほうが早い、とふたりに連れ出され、5階分を下りきる頃には、疲労より目が回ってひいひい言っていた。



「少し痩せたろ、よかったな」

「六条さん、もとから細いじゃん」

「俺もそう言ってんだけど、こいつがさ」



すかさずスーツの後ろから手を入れて、腰のあたりをつねった。

この作品のキーワード
大人の恋  同期  強引  じれじれ  オフィスラブ  俺様