「対訳表できたぜ、後で送る」

「ほんと、ありがとう」

「同通なんだけどさ、英中も入れられないか?」



同時通訳を同通と略すのを、この仕事で知った。

海外側の担当が久住くんだけになったというのは、案外いいこともあって、それはたとえば、彼とだけ話せば事足りたりするあたりだ。

受付フロアですれ違ったのを機に、待合スペースのソファで軽い情報交換をしているうち、簡単な打ち合わせみたいになってきた。

隣り合って座り、PCを覗きながらあれこれ話し合う。



「中国の販社の方たちは英語使わないの?」

「実は日本語ペラペラな人が大半なんだよ。日本語が得意じゃない人とは、英語でやりとりすることもあるけど」



そうなのか。

向こうからしたら、私たちが英語を学ぶような感覚で、取引先の言語である日本語を身に着けるのかもしれない。



「確認しとく。問題は予算だけだと思うから」

「厳しかったらうちで持つよ」

「持てるの?」



そんな簡単に費用を捻出できるものなのかと驚くと、久住くんのほうも目を丸くした。



「必要なことに使わずに、なんのための金だよ?」



言ってみたい、こんな台詞。

そうだった、彼はまったく違う土壌で仕事してきている人なんだった。



「じゃあ、こっちで承認もらえなかったらお願いするかも。でもがんばるよ」

「お前ががんばる話なのか?」

「にんじん嫌いの子に食べさせようと思ったら、わからないよう混ぜ込むか、身体にいいんだからと押し切るか、それなりに作戦を練るでしょ」

「コストが増えること自体にアレルギーがあるわけか」

「そう」



ため息をつくと、同情の視線をもらった。



「おや、なにしてるの」



そのとき、廊下を通りかかった人影が、私たちを見て足を止めた。

幸枝さんだ。

この作品のキーワード
大人の恋  同期  強引  じれじれ  オフィスラブ  俺様