カイドウとコブは狼狽えていた。


先ほどまで虫の息だった少女が、凄まじいエネルギーを発しながら、悠然とそこに立ち尽くしている。


それは、もはや人間の姿ではなかった。



背中には艶めく黒い羽。


血の色にも見える赤い眼光。


腕の半分が黒い羽毛に覆われた、まるで鬼のような手。


金色に光るバリアーのような球体の中で、体は電気を帯びたようにバチバチと放電していた。




「……っ!なんだあれはっ!」


「てめえ、何を注射したっ!」



カイドウは白衣の男を締め上げる。




「わっ、私は何も!ヒィ!」



"ビーン、ビーン、ビーン"



危険を知らせるセンサーが鳴り響く。



"カタカタ……ガタガタガタッ!"



机、ベッド、モニター、点滴台、薬品ケース、部屋にある全てのものが動き出し、まるで無重力であるかのように浮遊する。


この作品のキーワード
超能力    切ない  バトル  成長  仲間    ヤクザ  暴走族