そこには黒い翼をはためかせ、法衣に身を包んだ少年が、空からあたしを見下ろしていた。


黒髪の間から見える、その目は燃えるように赤い……



「これからどうすっかなぁ……」


少年は困ったように頭をかくと、“ファサッ”と翼を閉じ、あたしの前に降り立った。



・・・?



この声、どこかで・・・




「 ん?オレ?オレはあの時、おまえの中に入った黒い宝玉!」


「・・ほう、ぎょく・・・」



何か思い出そうと、あたしは首を傾ける。


すると今度は遠くから、光る何かが飛んで来た。



ーーーヒュウン・・・



それは星のようにまたたく美しい光の玉たち


空のあちこちから、まるで流れ星のように、こちらに向かって飛んでくる。


赤、青、みどり、白、黄色、オレンジ、むらさき……


それらは明るい空でもまばゆいほどに輝いていた。



ーーーヒュンッ!!