遥か遠い昔、レムリアはこの地球へやって来た。


レムリアは神が創ったとされる大宇宙の、膨大なエネルギーによって生まれた、愛と平和を司るエネルギーの集合体である。


そのレムリアから生み出されたのが日本では伯耆坊たち8人の“天狗” と呼ばれるものであり、レムリアの一部分でもある。


愛と平和を司るエネルギーから生まれた天狗たちは、地上に生きる全ての者の為にと、その愛の波動を広めようとした。そこで山伏など厳しい修行を極め、霊力を得た一部の人間と接触し、融合したのだ。


この融合こそ、“しるしをつける” 事であり、しるしを持つ人間はさまざまな力を発揮した。


これが神通力と呼ばれるもので、今でいうPSY(超能力)の事である。


神通力は使う人間によって、法術、陰陽術、錬金術とさまざまに変化を遂げ、しるしを得た者は人事を尽くした。


しるしを持つ人間の力は強大で、度々、その子孫にも力が受け継がれたという……


だが近年、


その者たちとは別に、超能力を持つ人間が現れ始めた。


その原因こそ、"核戦争"である。


今からおよそ70年前、日本、ドイツ、イギリスで核戦争が起きた。

その核戦争後、突然変異により超能力を持つ人間が生まれるようになった……


この作品のキーワード
超能力    切ない  バトル  成長  仲間    ヤクザ  暴走族