「・・ん、」



……天井。


見慣れた茶色のシミがない。


いつもの場所と、ちがう場所……



「 美空?」



・・あ、一樹。


・・それと・・・



視線をずらすと、たくさんの知らない顔が並んでいた。



・・ここが、現実?


ゆっくり体を起こすと、それまで静かだった室内がザワついた。


薬品のにおいと、甘くて香ばしい、いろんなにおいの混じる部屋……




「 美空、大丈夫ですか?」


一樹があたしの顔をのぞき込む。



「・・・・・・」


あたしは自分の体を確かめる。


・・・っ!


驚いた、こんなに白い肌……


ボコボコの傷跡も、変形していた所も、全部治ってる。


この作品のキーワード
超能力    切ない  バトル  成長  仲間    ヤクザ  暴走族