私が仕事から部屋に戻って食事をしていると、
ピンポンとチャイムが鳴った。
部屋のチャイムだ。
私がドアを開けると、ドラゴンが立っていた。
「ただいま、戻りました。」と笑顔だ。
「おかえりなさい。元気そうね。」というと、
「ご迷惑をおかけしました。
でもさ、なんで1回も見舞いに来ないわけ?」
といつもの調子なので安心する。
「用事がなかったから。」と言うと、
「はいっていい?」と私を見る。
「いいけど。夕飯食べてた。」と言うと、
「俺も腹が減った。」と玄関に入って、
「鍵ってかけていいかな?」と聞くので、
「泥棒が入ると困るから閉めといて。」
と笑ってみせると、安心したように鍵をかけて、靴を脱いだ。

「蒸し野菜。とビーフストロガノフ。」と部屋に入りながら言うと、
「どっちも食う。」とドラゴンは部屋の中を物珍しく見回す。
「キョロキョロしない。」
と顔をしかめてやると、首をすくめて2人掛けのダイニングテーブルに座った。