「で、桐原さん」

「はい」

「俺の肩書見て、それでも怪しい仕事を紹介されると思っているのか?」

「ま、まさか」

フルフルと首を横に振る。

白井さんの名刺に書かれてある社名は、私もよく知ってる名前で。

「香月の名前を知らない女性なんて、いないと思います」

白井さんに気を遣って言うわけじゃない。

香月化粧品といったら、日本でもトップの化粧品メーカーだ。

社名のついた『KOGETSU』と、若い女性からの圧倒的な支持をうける『プチ・リス』が特に有名なブランド。

このふたつのブランドを柱に、ドラッグストアでも手軽に買えるプチプラコスメから、エイジングケアに特化した高級ラインまで幅広く展開していて。

「私はプチ・リスのファンで、祖母は昔からずーっとKOGETSUを愛用してます」

私の言葉に、白井さんの頬が少し緩んだ気がした。

やっぱり自分の勤めている会社の商品が褒められたら、嬉しいよね。

「うちの商品を知っているなら話が早い」

いつの間にか目の前に現れたビルの自動ドアをくぐり抜け、エレベーターにふたりで乗り込む。

「今から行くのは、うちのポスター撮影の現場だ」

「ポスター、ですか?」

「ああ、来年の春の新商品のな」

チン。

目的地を知らす軽快な音が鳴る。

「で、お前に頼みたいのは、うちのアーティスト部のアシスタントだ」

「え?」

まだ状況が呑み込めない私を引き連れて、白井さんはつきあたりの部屋の前で足を止めた。

「宣伝時、うちはモデルのメークを自社のアーティストにさせている。自分のところの商品を一番上手に使えるのは、自分のところのアーティストだっていう自負があるからだ」

そう言い切る白井さんの言葉には、自信がみなぎっている。

「うちのアーティストさんたち、猫の手も借りたい忙しさなんだとよ。まあ、未経験とはいえ、ネコよりは使えるだろうから」

「はは……」

ネコと同列に話を進めるとは。

白井さんのさっきから少しずつ入る毒舌に、苦笑いを浮かべるしかない。

でも、私が今、何か仕事をしないといけないのは事実だ。