「次が決まるツナギでいいから、考えてみないか?」

白井さんがそう言ったのと同時に。

「あら航。いらっしゃい」

ストレートの髪をひとつに束ねた女性が部屋から出てきた。

「お疲れ」

「お疲れ様」

軽く右手を挙げて挨拶をした後、彼女は私を見つめる。

「忙しい忙しいって言ってるお前の為に、連れて来てやったぞ」

「桐原琴乃です。はじめまして」

ポン、と白井さんに背中を押され、一歩前に出た私は頭を下げる。

「初めまして。大西未来(おおにし みく)です」

そう言ってふわりと微笑むその姿は、凛としていて。

同じ女性ながらも、惚れ惚れとしてしまう。

「悪い、未来。ただ、アシスタントって言ってもコイツ、美容業界未経験なんだ」

「あら、そうなの?」

「仕事もオトコもなくして路頭に迷ってたから、拾った」

「ちょっと、白井さんっ!」

「俺は事実を述べたまでだが?」

「確かにそうです。そうですけど、少しはオブラートに包んでくれてもいいじゃないですか……」

落ち込む私を見て、大西さんがケラケラと笑いだす。

「諦めなさい、桐原さん。航にそれを望んでも無駄よ」

ポンポン、となぐさめるように大西さんの手が私の肩を叩く。

「見た感じ、おしゃれなんかまったくしませんって子じゃなさそうだし。メイクは……ちょっと崩れているけどしてるわね」

泣きはらした後、メイク直しなんてしていなかったのを今更後悔しても遅い。

恥ずかしくなって俯いていると、上から優しい声が降ってきた。

「今日の仕事が終わったら、崩れている理由も含め色々と話しましょ。今日からよろしくね、桐原さん」

「は、はい。よろしくお願いします!」

「じゃ、早速。こっちにきてくれる?」




大西さんに連れられてきたのは、大きな鏡がある部屋。

鏡の前にはすでに、たくさんのメイク道具や商品が並んでいる。

中には私が愛用しているモノもいくつかあって、ちょっとワクワクしてくる。

「あれ? これ、見たことないなあ」