「今日は皆さんにご報告があります」
 姉はもったいぶるように会場を見回してからにっこりと笑った。
「このたび当事務所は海外のタレントマネージメント会社と業務提携いたしました。皆さんのより一層の飛躍を力強くサポートしていきますので、互いに切磋琢磨し、世界中を虜にするような目覚ましい活躍を期待しています」
 唖然とする聴衆のことなど気にせず、姉は「乾杯!」と自分のグラスを高く掲げた。
 私は隣にいる親友の島村柚鈴と真っ先にグラスをぶつけ合う。
「世界進出のこと、未莉は知っていたの?」
「今日はずっと一緒にいたけど、私も今はじめて聞いた」
 柚鈴がクッと喉を鳴らして笑う。
「社長らしいね。で、今日のCM撮影はどうだった?」
「まぁ、なんとか。うまくいった、かな」
 そうか、そうかと柚鈴は嬉しそうに頷いた。
「で、アイツ大丈夫なの? 入院しているんでしょ?」
 ——アイツね……。
 小さくため息をつくと、柚鈴はまずいことを言ったというように口を手で覆う。
 私は慌てて釈明した。
「あ、いや、さっき会ってきたけど、意外に元気だった。もう立てるみたいだし。だけどあれって、ただの事故じゃなかったのかも」
「えっ!?」
 声を潜めつつも柚鈴はぎょっとした顔で私を見た。
「狙いはどっち?」
「わかんない」
 そう言ってビールを喉に流し込む。
 わからないというのは、もやもやして気分が悪い。こういう状況がずっと続けば精神的にかなりのダメージだろう。前に高木さんが優輝の精神状態が不安定だと言っていたけど、今ならそれが少し理解できる。
「犯人は姫野明日香じゃないの?」
 柚鈴は周囲を気にしながら小声で言った。
「違う」
「なんで?」
「だってアイツがドラマ降板したこと、抗議されたもん」
「え、未莉に直接文句言ってきたってこと?」
「そう」
「ひぇーーー!」
 頬を両手で包み込み大げさに驚いたポーズを取る柚鈴を、近くにいた数人のモデルが注目したが、すぐにそれぞれの会話に戻っていく。
「そりゃ怖いわー。そこまでいくと、恋する乙女なんてかわいいものじゃないね。いろいろ必死なんだろうな。必死すぎてひくわー」
「でも女優デビューできていない無名の私に、そこまで必死になることないのにね」
「未莉にはわからないだろうなー」
 柚鈴が私を横目で見る。