時計は午後9時を回ろうとしていた。
 高木さんがテーブルの上に弁当を広げている。近所のお弁当屋さんで買ってきたものだからまだ温かい。お昼から何も食べていないので遠慮せずに箸を手に取る。
「しかしあの脚本家、ふざけた名前だな。スペシャルドラマ、本当に大丈夫なのか?」
 不満げにそう吐き捨てた高木さんは、やかんがピーッと笛を吹き始めたのですばやくコンロの前に移動した。慣れた手つきでインスタントのお吸い物を準備し始める。
「ディレクターは実績のある方だから大丈夫でしょう」
 気だるげに返事をした優輝は鮭の入った弁当を指さし、私に意味ありげな視線をよこす。
 ええ、もちろん取って差し上げますよ。それくらいお安い御用ですよ。
 鮭弁当を受け取った優輝と目が合う。なぜか批判的な目つきなんだけど、私、何かしましたかね?
「あの脚本家も西永さんがねじ込んできたのかもな。西永さんって人を見る目はあるから、未莉ちゃん同様に大抜擢ってトコか」
 高木さんは湯気の立つ吸い物の椀を私の前に置いた。
「一応、用心したほうがいいですね。未莉も僕も」
「そうだな。未莉ちゃんの会社のほうはとりあえず心配なくなったけど、むしろこれからが危ないのかもしれない」
 お椀を両手で包み込み、ふーふーしながらふたりの会話を聞いていた私は、会社という言葉に眉をひそめた。
「私の会社に何か心配なことがあったのですか?」
「まぁね」
 高木さんは残っていた一番大きな弁当を手に取った。
 いや、あの、説明してくれないのですかね? ものすごく気になりますけれども。
 救いを求めて優輝を見る。彼は渋々という表情で答えた。
「未莉にも心当たりはあるはず」
「……友広くんのこと?」
「あの感じの悪い男はそんな名前だったか」
 吐き捨てるようにそう言うと、優輝はお吸い物を要求した。
「やっぱり彼が何か関係しているんですか?」
 私は思い切って言ってみた。
 優輝と高木さんは一瞬動きを止め、視線を交わし合う。
「『やっぱり』って言ったけど、未莉ちゃんは友広という男のことを疑っていたの?」
「まぁ、ちょっと言動がおかしいことがあって、怖いと思っていました」
 素直に告白すると、高木さんが困ったように表情を曇らせた。
「言動がおかしいって、たとえばどんなふうに?」