1年が残り少なくなってきたこの季節、パジャマに裸足で焼け出された私は、とりあえずコートを手に取ったのは正解だったと感じていた。大きなくしゃみが出たので、コートの襟元をぎゅっと握りしめる。
 さっきから耳にあてがっているケータイからはプルルルルル、と心細い呼び出し音しか聞こえない。姉は仕事中だろうか。でも時計を見ると午前1時を過ぎている。寝ている可能性のほうが高い。マンションの固定電話にもかけてみたが、こっちはなぜか「お客様の都合により……」なんてアナウンスが流れてきた。
 1度ケータイをコートのポケットにしまった。この時間に身を寄せる場所は限られている。とりあえず姉のマンションへ行ってみよう、と思いタクシーに乗る。
 運転手に行先を告げたところでケータイが鳴った。
「お姉ちゃん、マンションが火事で燃えちゃって……」
『ええ!? 未莉、大丈夫なの?』
 さすがに姉の声にも焦りが感じられる。でも声の調子からすると寝ていたわけではなさそう。……ってことは、彼氏と一緒にいるのかな。うわー、お邪魔しちゃってごめんなさい。
「うん。無傷で救出されまして……でも今、パジャマ姿な上、裸足なの」
『あらー、困ったわね』
「とりあえずお姉ちゃんのマンションに向かっているんだけど、お姉ちゃん、いる?」
 姉が電話の向こうで息を呑んだのがわかる。あーやっぱり……彼氏と仲良くしている最中でしたかね。だから焦った声だったのね。
『今、マンションにいないのよ』
 ええーっ! 外泊中!?
「そっか。……私、どうすればいいかな」
 なるべく明るい声で言おうと思ったのに、湿っぽくなってしまった。というか、私は泣いていた。自分でも頬を伝う涙に驚く。
『未莉、泣いているの? 大丈夫なの?』
「大丈夫。でも私、通勤かばんとケータイ以外何もなくて、ケータイももうすぐ電池なくなっちゃうよ」
 そうなのだ。今日に限って充電せずに布団に入ってしまったのだ。これでケータイが使えなくなったら、姉の連絡先さえわからない。
 真夜中だから姉の事務所だって施錠しているだろうし、勤務先のカメラメーカーには守衛さんがいるかもしれないけど、契約社員がパジャマ姿で押しかけたら困るだろうし……。
 脳裏に一瞬、柚鈴の顔が浮かんだ。だけど多忙な柚鈴の睡眠を妨げたくはなかった。
 姉は考えているのか、ややしばらく沈黙していた。