目を開けて無意識に時計へと手を伸ばす。遮光カーテンのおかげで部屋の中は真夜中のように暗い。おまけに今は冬で、夜明けはまだ少し後だ。
 私はぼんやりする頭でわずかでも眠ったのだろうかと考える。寝たという感覚はまったくないけど、明け方の数時間は意識がなかった模様。ということは、多少なりとも睡眠時間を確保できたと喜ぶべきか。
 しかしどうせならぐっすり眠りたかったと思いながら頭を起こした。
「んぐっ……」
 意志に反して頭がぼふっと枕に戻る。横から優輝が私の腕を引っ張ったのだ。
「なにするんですか!」
「まだ寝てろ」
 優輝はうっすらとまぶたを開け、眠そうな声を出す。
「だめです。優輝はオフかもしれないけど、私は仕事があるからもう起きなくては……」
「なぁ」
 突然、ふとんがバサッと動いて、私の上に優輝が覆いかぶさった。腕が優輝の手で押さえつけられていて、身動きが取れない。
「ちょっ……、なにをっ!」
 昨日と同じ左の耳元に優輝が顔を埋めた。吐息が耳にかかってくすぐったい。比較的自由な足で身をよじろうと格闘したが、優輝の両足に阻まれて徒労に終わる。
 次の瞬間、耳のふちを優輝の唇が食んだ。途端に電流のような刺激が全身を駆け抜ける。
「んっ……!」
 彼の吐息を感じた部分から肌が熱をもち、とめどなく身を貫くしびれを黙ってやり過ごすことができない。知らないうちにくぐもった声が漏れた。
 だが優輝はやめるどころか、唇を這わせた箇所をじれったいくらい丁寧に舌で舐め上げ始めた。
 こそばゆいだけならまだしも、肌が粟立つような感覚の向こうに甘美な調べが見え隠れして、ついその甘く響くものの正体を知りたくなってしまう。
 未知の感覚への恐怖、しかもそれに抗えない恐怖、そしてなによりそれを渇望してしまいそうな私自身への恐怖——。
「ゆう……き、私……」
「ん?」
 優輝が顔を上げ、鼻がくっつきそうな位置から私の目を覗き込んだ。
「ちょっと怖くて……」
「なにが?」
 目を細めてそう言った優輝の表情に、思わず釘づけになった。
 急に胸の奥が苦しくなり、涙があふれてくる。
 すると目の前のとろけそうなほど優しい顔が、わずかに曇った。
「俺が怖い?」
 私は少し考えてから首を横にふる。優輝の表情がふわりと晴れ、陽だまりのように明るく輝いた。
「泣くことないだろ」