高木さんの運転する車で柚鈴をマンションへ送り、車内が高木さんと優輝と私の3人になると、優輝は運転席へ身を乗り出すようにして尋ねた。
「で、どうだった?」
「もちろん大歓迎、だそうだ。明後日、タイムリミットは1時間。それ以上は無理だ」
「1時間ね。十分だよ」
 どうやら仕事の話らしい。私は車窓に目をやり、ふたりの話を聞き流す。
「優輝、約束は守っているだろうな」
 不意に高木さんの鋭い声が耳に飛び込んできた。
 隣の優輝は運転席から身を引きはがすようにして後部座席に背を預ける。急に不機嫌になったらしく、黙ったまま目を閉じた。
「優輝、お前……」
 運転席の高木さんが低く唸るように言う。優輝は目を開けるとあごを上げ、天井を睨みつけた。
「僕も信用がないね」
「基本的に男は信用できない生き物さ。俺も含めて、な」
「それには同意するけど、僕は高木さんの数倍ストイックにできている」
「へぇ。ま、仕事中の優輝は、確かにこれ以上ないくらいストイックだが」
 なんの話かわからない私は、聞いていないふりに徹した。とはいえ『約束』とか『信用』とか『ストイック』というふたりの会話のキーワードが、否応なしに私の頭の中をぐるぐると回る。
「余計な心配しなくていいよ。それは高木さんとの約束じゃない」
「悪かったな」
「いや、それがあなたの仕事だということは理解している。だから思ったままを伝えればいい。僕にはそれを拒む権利がない」
 感情を抑えた声でそう言った優輝は、車が止まるか止まらないかのタイミングで苛立ったようにドアを開け、「おつかれ」と言い残し足早にマンションの玄関へ向かった。
 取り残された私は、高木さんに「ありがとうございました」と告げ、優輝の後を追いかけようとした。
「未莉ちゃん」
 慌てたような声が私を呼び止めた。ハッとして運転席のほうへ向き直る。
「アイツのことで困ったことがあれば、すぐ俺か紗莉さんに言って」
「いえ、むしろ私が迷惑をかけてばかりで、申し訳ないと思っています」
 前を向いたままの高木さんがフッと笑った。そして何かを納得したように言った。
「そっか。アイツが怒るのも当然だな」
「あの、やっぱりあの人、怒っていますか」
「この頃ずっとイライラしているんだ。でも未莉ちゃんがそばにいてくれるから、とても助かるよ」
 本当にそうだろうか?