この部屋に来てから何度目の朝だろう。
 隣に寝ているはずの人が、今朝は見当たらない。驚いて手を伸ばしてみると、彼が寝ていたと思われる場所にはまだ彼のぬくもりが残っていた。
 すぐに私はベッドから起き出し、リビングルームへ向かう。どこにも彼の姿がない。どうやら早朝に外出したらしい。
 仕事だろうか。胸がドキドキするけど考えてもわからない。とりあえずシャワーでも浴びようと着替えを準備していると、玄関のドアが開いた。
「おはよ」
「おかえり……なさい?」
 スポーツ用のサングラスをかけた優輝が面倒くさそうに靴を脱いでいる。ランニングシューズにランニングウェア。そっか、走りに行ってきたんだ。
「シャワー?」
 サングラスを外した優輝が、私を見て言った。なんだか気まずくて腕に抱えた着替えを背中へ回す。
「あ、お先にどうぞ」
「一緒に入る?」
 優輝は目を細めてニヤッと笑った。こ、怖い。何を考えているのかわからないけど、どうせロクなことでないはず。
「あーいや、私は朝ごはん作ろうかな」
「それ、俺のぶんもある?」
「まぁ、昨日と同じようなものだけど」
「じゃ、よろしく」
 言い終わらないうちに優輝はランニングウェアを脱ぎ始めた。私は慌てて着替えを持ったままリビングルームへ避難する。
 ソファに着替えを置き、バスルームをちらりと振り返った。えっと、もしかして、バスルームに一緒に入るっていうのは、恋人なら普通のこと?
 考えただけで顔がボッと熱くなった。
 いやいや、言っておきますけどね、優輝とキスして恋人になったのは昨晩のことですから。まだ一緒にシャワーとか早いでしょう。あれ、でも、キスしたらその次ってなんだろう。
 ……え、うそ。えええええ!?
 バスルームのドアが閉まる音で我に返った私は、火照る頬を両手で挟みながらキッチンに立つ。
 さっきのセリフはからかっただけだよね。だからあっさり引き下がったんだよね。
 だってシャワーを一緒に使うということは、少なくとも服を脱がなくてはならないわけで、つまりふたりとも何も着ていないわけで、ひとことで言えば裸ですよ、はだか!
 いやいやいや。無理だから。しかも朝からいきなり……ねぇ?
 それに恋人になったとはいえ、優輝が私のことをどう思っているのか、まだはっきりしたことは聞いていない。私だって優輝に好きだと告白したわけではないし。