──キーンコーン…


ついに来てしまった。席替えの日が。



昨日はあれから山下くんが目を覚ますことはなくて、放課後は山下くんが起きる前にと逃げるのように教室を出て帰った。



今日は朝から山下くんの視線を感じまくっていたけど気づかないふりをして見ないでいたら、

山下くんも何も話しかけてこなかった。




「それじゃあ、名簿順にくじを引きに来てください〜」



学級委員が前に立って指示を出しはじめた。



あぁ、いよいよだ。山下くんともお別れ。
これで少しは、山下くんのこと考えなくて済むようになるよね……。



この作品のキーワード
高校生  溺愛  意地悪  ベタ惚れ  甘々  独占欲  すれ違い  切ない  胸キュン