何度も何度も啄むようなキスをされて、

私は波瑠にされるがまま、キスを受け止めていた。



そっと波瑠が離れて、おでこを私のおでこにコツンとつけた。


「これは予約。

予約の予約だから……」

そう言って右手の薬指に触れた。


私はビックリして自分の右手に目をみやると、
そこには綺麗に輝く小さなダイヤが埋め込まれた艶消しのゴールドの指輪が輝いていた。


「……うそ、、、」

「こっちは婚約したときと、永遠の愛を誓う時のために取っておきたいから……

ペアリングだから、これが俺の。」


そう言って波瑠の指も見せてくれた。
そこには私と同じように右手の薬指に嵌められた指輪。


私のものより大振りなお揃いの指輪。



「っ波瑠!!!!ありがと。

大事にするからっ!!!!!」


私は波瑠に抱きついた。




波瑠は嬉しそうに髪を撫でてくれて、

私たちは後少しの時間を過ごした。