「お花のイメージはおありですか?」

「かわいらしすぎないのがいいです、カラーとか。葉もたくさん入れて」

「ならブーケも装飾も、白とグリーンで統一しようぜ、お前らしいし」

「どういう意味?」

「変に甘えてないって意味だよ、怖い声出すな」



ウェディングプランナーの女性が、私と、その隣に座る男に笑顔を向けた。



「すばらしいですね、こういった細かいお話になると、無関心になってしまう男性のほうが多いんですよ」



真っ白なテーブルに頬杖をついていた彼が、ちらっと私を見る。



「そうなんです、すばらしいんです」



適当に同調した私の足を、テーブルの陰で蹴ってきた。

痛いな。

ちゃんと本心なのに。



「あ、失礼」



彼のシャツの胸ポケットで携帯が震えた。

プランナーさんに断って会話を始めたものの、すぐに声が険しくなってくる。



「すぐ行く。セッティング、一度止めて」

「どうしたの」

「菅原(すがわら)の現場だ。劇車がまだ来ないと」

「クライアントさんが持ち込む予定だった車?」

「そう、輸送会社を使うのを強靭に嫌がられたから仕方なく任せて、念のため昨日も確認の電話をした、あれ」



お互い、ため息をぐっとこらえた。



「場所変えるのも視野に入れて、使えるスタジオ探しとく」

「頼む。機材の調整はこっちでするから。ここが済んだら現場に来てくれ」



すばやくジャケットを羽織り、鞄を持って出ていく。

ガラス張りの建物からは、しゃれたショップの並ぶ通りを足早に駅に向かう、長身の後ろ姿を見送ることができた。