「盛り上がってた、の」

「俺だけだったみたいだけど?」

「だから、そんなこと…」



またキスをされた。

今度はTシャツじゃなくて、肩をつかんで引き寄せられて。

やっぱり熱いのは、寝不足のせいか、それともほかの理由か。


態度のわりに、キスは甘くて、感触を確かめるみたいに丁寧に重なって、でも最後に腹いせのように唇をきつめに噛んでいった。

離れた唇を、お互いもう一度寄せ合おうとしたとき、視界の隅が動く。

灯も気づいたんだろう、私たちは同時にはっと視線を動かし、少なくとも私は、叫びだしたい気分に駆られた。


木場くんが、真っ赤な顔で目をきらきらさせて立っていたのだ。

大浴場帰りらしく、タオルを首に下げて。



「あ…」



灯が、私から手を離すのも忘れて絶句する。

その耳や顔が、ふわっと赤くなったのを見て、私はびっくりした。

灯がそんなふうになるところを、見たことがなかったからだ。


木場くんの目が、さっと私の身体を舐めた。

自分の恰好を思い出し、再び悲鳴をあげそうになる。



「灯、離してよ」

「えっ、あ」

「うわっ、おふたり…うわっ、やっぱり、ほらあ、ほらあ!」

「木場、誰にも言うなよ」

「ほらあー!」

「言うなよ!」

「手を離してってば、灯!」



シャツの裾とドアをつかんだままの私と、私をつかんだままの灯と、立ち尽くす木場くん。

ホテルの廊下であることも忘れ、三者三様、顔に血をのぼらせての大騒ぎ。

半年以上続いた激務と結婚騒動の、ひとまずの区切りは、そんなごたごたの中で、ついたようなつかないような。


なにはともあれ私と灯は、今日から四連休。