真っ暗な中、遠くにぼんやり光が見えた。

 重い足を引きずるように光を目指すと、そこには彼の背中が見える。


 ――これは夢だ。


 そう気づいたものの、胸が潰れるほどの苦しさはあまりにリアルで顔を顰める。

 ああ。そうだ。彼が私の前から去ったのは、夢じゃない。現実だった。

 差し出してくれた手を取ることができず、俯いていた私。
 彼は、私が拒絶していると受け取ったのだろう。当然だ。

 ひとこと、『わかった』と言って、私に背を向けて行ってしまった。

 あのとき、すぐに追いかけていたら手は届いたはずなのに。
 彼の名を呼べば、足を止めてくれたかもしれないのに。




 彼との距離が、もう近づくことは、きっとない。




この作品のキーワード
一目惚れ  甘い  遠距離  現実  裏切り  強引  御曹司  身分差  地味OL  切ない