「ほんと藤木さんのそういうとこ、キライ」