完全に怒りが勝った。
 
 
 
 
 「はぁ?何言ってんだよ!こいつが借りたっつっただろ!」
 
 「だからなんだ!お前の名前だろ!」
 
 「ていうかオメーが働かねーからだろ!働けよ!」
 
 
 「もうやめて!全部私が悪いの!」
 
 
 「いや、こいつが悪い!名前を貸すっていうのはこういうことだ」
 
 「うるせーテメー!偉そうに言ってんなよ!」
 
 「お前誰に口聞いてんだ?俺は親だぞ!」
 
 「笑わせんな!テメーのこと親なんて思ったことねーよ!」
 
 
 
 
 
 子供にはすぐ手を挙げていた父がなぜかこの時はしなかった。
 
 
 
 
 
 「もういい!こんな家に居れない!」
 
 「なら出て行け!」
 
 「うるせー!テメー一々もの言うな!死ね!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 「ねぇお願い、出て行かないで・・・」
 
 「テメーもうるせーんだよ!ざまぁみろって思ってんだろ!」
 
 「そんな・・・本当にごめん・・・」
 
 「お前はアタシよりアイツの方が大事なんだろ!」
 
 「アタシは貴方が居ないと生きて行けない・・・」
 
 「そりゃそうだろ、金借りてくれる奴が居ないとだもんね!」
 
 「そうじゃない!」
 
 「本当にもういいよ・・・」
 
 「やだ、行かないで・・・」
 
 「ていうか本当に・・・アタシのこと産まないでほしかったよ」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 大声で叫びたかった。
 少しは常識というものがあると捉えていいのか。
 
 溢れ出てきて止まらない、いろんな感情を抑えられずに
 声を殺して泣いた。
 
 嗚咽を堪えることが出来なかった。
 
 
 
 団地のすぐ下にある公衆電話の中でしばらく泣いた。
 
 1人だけ居た親友に電話していた。
 
 
 
 
 
 
 「ごめん・・・もう限界だ・・・家出てきた・・・」
 
 「はいよ~!どこに居るの~?」
 
 
 
 
 
 敢えてなのか明るい口調のその人は10分もしないうちに
 アタシを自分の愛車に乗せていた。
 
 
 
 
 
 「こりゃ軽くドライブだね~あはははは~!」
 
 「・・・。」
 
 「アンタと一緒に暮らせるなんて楽しみ過ぎるでしょ~」
 
 
 むしろこの日を待っていたかのような、そんな口調で言ってくれた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 「は~い、みんな~!連れてきたよ~!」
 
 「アンタ達遅いから食べ始めっちゃてるよ!」
 
 「おいおい、待っててくれよ~」
 
 「うるさい!いいから2人共座ってさっさと食べな~」
 
 
 
 
 
 
 死ぬほどホッとした。
 
 それと同時に、苛つくほど親友が羨ましくなった。
 
 
 
 
 
 
 

 アタシの啜り泣く声を、この家族は掻き消してくれた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 「私達みんな8時前には仕事で出ちゃうからアンタ洗濯と掃除頼むね!」
 
 「ごめんねおばさん・・・」
 
 「まぁしばらくゆっくりするさ!」
 
 
 笑顔で階段を降りて行った親友のお母さんが下から叫んでくる。
 
 
 「おばあちゃんには11時にお昼の用意お願いね~!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 アタシは死んで、ここは天国なのか?
 おおげさではなくそう感じた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 借金取りの来店、返済催促の電話。
 店の人達は良くしてくれたが、アタシはそこから逃げていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 一切電話に出ないアタシの携帯には、泣きながら帰宅を促す母から
 毎日留守電が入っていた。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 「旅行行こう~!!」
 
 
 
 突然の提案で驚いた。
 
 元気のないアタシを思ってのことだろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 「運転荒いんだよ!」
 
 「じゃあお前が運転しろよ!」
 
 
 
 
 
 「今日お天気で良かったよね~」
 
 
 お父さんと喧嘩している親友。
 
 お構い無しに後部座席でアタシに話してくるお母さん。
 
 
 
 
 
 みんなで大きなダムを見たり、トロッコ列車に乗ったりした。
 終始笑い声が絶えず本当に楽しかった。
 
 お母さんはこの日の為、アタシに洋服まで買ってくれた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 みんながアタシを受け入れてくれればくれるほど申し訳ない
 気持ちで苦しくなった。
 
 居心地の悪さまで感じるようになっていた。
 
 
 
 
 「せめて働こう、お金を入れよう」
 
 
 
 
 
 無料の求人誌をペラペラめくる毎日。
 
 
 
 
 アタシが来る前から呆けが始まっていた親友の祖母。
 
 アタシが過ごしていた2階に上がって来ては
 
 「泥棒!」
 
 と騒ぐようになった。
 
 
 
 
 それがきっかけとなり、みんなが仕事で居ない昼間はアタシも
 外に出るようになった。
 
 
 
 
 近所の図書館で本を読んだり、公園をフラフラしたり。
 
 
 
 
 そんな時ふと母に会いに行った。
 
 
 
 
 
 
 
 「全然電話出てくれないから心配したんだよ!」
 
 
 
 
 仕事中だったにも関わらず号泣している母。
 
 
 
 
 「ていうか帰る気はないから」
 
 
 
 
 
 
 
 
 「待ってるから」
 
 母の声を背に、その場を後にした。
 
 
 
 
 なぜ母に会いに行ったのかは考えないようにした。
 
 
 
 
 
 バカなアタシはこれを期に母からの電話を取るようになった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 「本当にごめん。助けてほしい!」
 
 
 
 もう反抗する気もなくなってしまったのか。
 
 
 
 
 
 
 「いいよ、わかった。夕方会おう。」
 
 
 
 それだけ言って電話を切った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 無職の娘に金をせびる。
 相当困っていたのだろう。

この作品のキーワード
実話  切ない  悲しい  辛い  怒り  憎しみ