週明け、社内は騒然としていた。

でも話題は資材管理課長が賄賂を受け取っていた事に限られていて、辞めた後も山口さんを守ろうとする木崎君や部長の思い遣りを感じた。


ただ処分になるとやはり人事にも影響はあり、部内は忙しくなった。課長と一緒に接待を受けた課員数人にも処分があったのだ。
噂を聞いた三枝先輩や妙ちゃんから社内メールで労ってもらい、誕生日の心配をされた。

確かにクリスマスな誕生日に残業なんて残念過ぎる過ごし方だ。


でもだからって特別な予定があるわけじゃなし、みんなで一緒に残業なら、それはそれで寂しくないかもしれない。

久しぶりに約束したランチでそう言うとすると三枝先輩からは本気で心配された。

このまま私の好きにさせると気付いた時には手遅れになりそうだから、年明けに先輩の婚約者さんの紹介を、セッティングする、と。

合コンじゃなく紹介ってトコロに先輩の本気度が伺える。

とりあえずありがとうございます、と返して話を終わらせた。

この作品のキーワード
激甘  上司  同期  片思い  クリスマス  サンタ