12月25日、世間的にはもう、クリスマスは終了ムードだ。

でも、私にとってのクリスマスは今夜。


昨夜、誕生日プレゼントにゴールドとパールのフラワーモチーフのピアスをくれた木崎君は、「一緒にもらうと楽しくないだろ?」と翌日にクリスマスだけやり直すと言ったのだ。

チキンもケーキも食べたのに。
私のサンタさんはどうやら私を甘やかしたくて仕方ないらしい。



ランチは三枝先輩からの呼び出しで、近くのうどん店に行った。


チキンやケーキはやっぱり高カロリーだし、ランチはさっぱりと軽く済ませたい。
みんな思うことは同じなのか、うどん店はいつもより混んでいた。


「で、やっと木崎君も動いたわけね。」

私の耳で揺れるピアスをサッと触って、先輩はニヤリと笑った。

この作品のキーワード
激甘  上司  同期  片思い  クリスマス  サンタ