リュイにはヴァルに問い質したいことが山のようにある。同居を許した以上聞く権利だってあるはずだ。

あわよくば、婚約者の事も聞いてみたい。

怪我を負って路地裏に身を隠している時点で、訳ありなのは想像に難い。今更理由を聞いたからと言って追い出すことなど考えていないが、それは理由を聞かない選択肢にはならない。

「さて、ヴァル。話してもらおうかな。あの路地裏に居た理由。一緒に暮らす以上、私も知っておく必要があると思うの。」

「理由は聞かずに……。と、言うわけにはいかないでしょうか?」

「いかないでしょうね。」

「……そうですよね。」

ヴァルの声に力が無くなった。そしてゆっくりと瞼が閉じていく。

「主。申し訳ありません。しばらく眠らせてもらっても構いませんか?怪我は快復したのですが、安心したら疲れが少々……。」

ドサッとソファーに倒れ込むと、ものの数秒で寝息をたて始めたヴァル。その姿にリュイは子犬を見守るような感覚になる。

しばらくボーっとヴァルの寝顔を見つめていたのだが、すっくとソファーから立ち上がった。リュイはワンフロアーのダイニングの方に移動すると、疲労困憊ではぁっとため息を吐く。まだ昼下がりだというのに。

「なんでこんなことになっちゃったの……。」

自分勝手で強引で……。結局、拾う羽目になってしまった。

しかし、このがっかりした気持ちは何だろう。ヴァルに婚約者がいると知ってとても落胆した。なのに、ヴァルがこうして目の前に居ることを嬉しく感じてしまうなんて……矛盾している。

間近で見た本物の魔法にリュイはまだ夢をみているようだった。その憧れの存在の魔法使い様が、目の前でスヤスヤと眠っているなんて信じられない光景だ。しかも一緒に暮らすことになるなんて、この先を考えると衝撃が大きすぎる。

朝、家を出る時には、こんなこと想像出来ただろうか。

「ん?」

朝?家を出る?

「あーーーっ!」

やっとマーケットに行きそびれたことを思い出して、更に大きな衝撃を受けたリュイなのであった。