朝。

外は、気持が高ぶる程、爽やかな快晴。

晴れ渡る青空に、雲1つ見当たらない。

「…シ!…アツシ~?」

遠く…遠くから聞こえて来る…女の人の声。

優しくて、愛情に満ちた…温かい声。

…誰?

ゆらゆら…ゆら…

あれ?おかしいな…目眩がするな…

体が横に揺れてる…

『…ん…んーっ!?』

あこは、ハッっとして、勢い良く、飛び起きてしまった。

ぐらぐらぐら…ギシッ…ギッ…

目眩なんかじゃなかった。

ベッドごと、体が揺れていた。

地震だ!!!

激しい揺れの中、1階から声が聞こえた。

「アツシー!!地震ー!!………アツシー?」

さっき夢の中で聞いた声と同じ女の人の声だ。

これは、きっと、あっちゃんのお母さんの声に違いない。

「…ん~…」

あっちゃんは、あこの横で地震に気付く事無く、熟睡してる…こんなにも激しく揺れてるっていうのに。

『もうっ!!どうしよ…あっちゃーん!!お願いだから起きてー、地震ー!!』

も~寝てる場合じゃないんだよ~!!

何で起きないんだよ~?

一生懸命に、あっちゃんの大きな体を揺すり続けた。

「んぁっ…何…地震…バカッ!!やべぇー!!」

『そーだよっ!!何回起こしても起きないんだもん!』

ガバッ

あっちゃんは、まだまだ寝惚けた顔で飛び起きると、ベッドから物凄い勢いで飛び出した。

バンッ!

『えっ…えぇ~!?ちょっと、あっちゃん!!』

あこは固まってしまった。

ギシッ…ギシッ…

揺れは激しさを増す。

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。