―9月。

気が付けば、大学の長い長い夏休みも終りに近い。

まだまだ暑い、残暑の厳しい夏の午後。

あことあっちゃん、エリとヒロトくんは、近くのファミレスで、少し遅めの昼食中。

「あこ、今日もアツシくんの家に泊まるの?」仲良し~♪」

エリが、パスタを口へ運びながら言った。

『うん!今日も泊まるんだぁ~!』

あこは、アイスティーを一口飲み込んでから答えた。

右斜め向かいでは、グラタンを突っつきながら、ヒロトくんがニタつき始めた。

「お泊まりっ!!っかぁ~!…で、あこちゃん、俺から忠告。

避妊はちゃんとするんだよ?ギャハハハ!!」

「ブッ!!…ゲホゲホッ…」

あっちゃんは、急にアイスコーヒーを吹き出しそうになって、むせてしまった。

本当、ヒロトくんって、下ネタが多いよねぇ…

でも、不思議!!

ヒロトくんが下ネタ行っても、何故かいやらしさの欠片も無いんだよねぇ。

人柄なのかな、笑いに変わっちゃうんだよね!

「ヒロト!食事中!!」

エリがヒロトくんを睨み付ける。

「…へい。」

シュン…と、肩を落とすヒロトくん。

エリとヒロトくんも、まだ付き合って1ヶ月位なのに、既に変な貫禄がある。

夫婦漫才…とでも言ったらいいのだろうか?

完全に、エリの尻に敷かれているヒロトくんがおかしかった。

「でもさ、避妊はした方がいいって!後輩がデキちゃって…でも、お互い金は無いし、親には猛反対…結局、中絶…」

『そうだよね、赤ちゃん可愛そうだもんね…』

しんみりとする4人…でも、その空気をヒロトくんがまた一変させた。

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。