私の奇妙な体験を告白しよう。それはどんよりとした曇りの日、私の事務所にある学校の教師とその教え子が訪ねて来たことから始まった。