「わたしの、赤ちゃん……」


 泣き疲れたことで少し落ち着いた千奈美は、私に握り締めていたエコー写真を見せてくれた。

 ノイズみたいな古いタイプエコー写真の中に、黒い袋みたいなのが映っている。
 その中に小さな白い影が見えた。

 その小さな人影に、私は……


「かわいい」


 思わず、そうつぶやいていた。


「あっ、ご……」

「うん、わたしもそう思った」


 反射的にそう言ったことを謝りそうになったけど、千奈美は微笑んでいた。

 千奈美も中絶するかもしれない。
 どうするかなんてわからないと言いつつ、私はずっとそう思ってきた。

 だって、千奈美はまだ高校生なんだもん。


「こんなにわけわかんない写真なのに、不思議だね。すごく、愛おしく思えた」


 そうつぶやく千奈美の手は、お腹に当てられていた。
 その手の下に、この写真の赤ちゃんがいるんだ。


「先生ね、すごく優しかった」


 診察室で、どんなやり取りがあったかは知らない。
 でも、診察室から千奈美を呼ぶ声はやわらかくて上品で、とても心地よかった。


「わたしがなんにも言えないでいたら、出産も中絶の話もしてくれて、リスクとか、お金とか、精神的なことまで……」


 お腹を撫でながら、千奈美が診察室でのことを話してくれる。


「これからも必要だから、避妊の方法もいろいろ教えてくれたよ。内診とかも怖かったけど、ちゃんと説明してくれて声かけてくれて、思ったより落ち着いて受けれた」


 内診という言葉にドキっとする。
 さっき読んでたがん検査も内診はあるというか、それで細胞を採取して検査するのがメインだ。

 お医者さんが指を入れて異常がないか触診したり、膣鏡っていう鳥のくちばしみたいな器具を入れて異常がないか目視したりするみたい。
 がん検査なら細胞を採取したり、妊娠検査なら膣の中にエコーを入れて赤ちゃんの様子を見たりする。

 さっきのエコー写真が、きっとそうだ。

 お姉ちゃんがグチってた。
 妊娠中期になって経膣エコーからお腹の上からエコーできるようになったのに、結局別の理由で内診からは逃れられなかったって。

 テレビとかで見るのは、妊婦さんの大きくなったお腹に当てて診るエコーが中心だ。
 経膣超音波検査なんて、私はお姉ちゃんに聞くまで知らなかった。

 産婦人科は女性に生まれた以上密接関る科目なのに、本当に知らないことばっかり。


「わたし、どうしたらいいんだろう……あの優しい先生に、赤ちゃんを殺してくださいってお願いするのかな?」


 赤ちゃんをかわいいと言った千奈美。
 だから、もしかしたらって思った。

 でも、千奈美がまだ高校生であることは変わりはない。