ある村の山奥にそびえたつ神社。

今現在も村人に信仰され
一月に一度、巫女の舞が見られる。





そして神社には、こう言い伝えがあった。






────満月の夜、右脚に牡丹の痣をつけ生まれし赤子。


神の血を受け継ぎ
生まれながら神力、霊力を兼ね備える。





赤い満月の夜、
神の使いが迎えにあがるであろう──・・・・。










私の名前は月影瑞希。

この月影神社の巫女をしている。




父も母も早くに亡くなり、
私は祖母に育ててもらった。






そんな祖母も今はおらず、
月影神社には私が一人住んでいる。



祖母が亡くなったのは、私が18の頃
今から2年前の話。


私に神社の言い伝えを教えてから
祖母は静かに息を引き取った。





「おばあちゃん・・・私が言い伝えの巫女、とか言ってたっけ」


姿見を前に巫女服に着替えながら
そう呟いた。





確かに、私は満月の夜に生まれ
右脚には牡丹のような痣がある。




「まあ、偶然満月の夜に生まれて、痣がたまたま牡丹に似ているってだけの話でしょ」




そう考えている私は、巫女服を身に纏うと
いつも通り箒を持って社務所から出た。





この作品のキーワード
神社  巫女  神使