息を乱した中島くんが繋がらないスマホを睨みつける。しばらくすると、おもむろに視線をこちらに寄こして。



「じゃあ俺……行くから」



ゆらゆら。瞳が揺れていた。
あたしを見ているはずなのに焦点が合ってない。



"行く"って。
本多くんを"助けに行く"ってこと、だよね。

余裕を失くしているこの人を、いま一人で行かせたらだめな気がして「待って」と思わず引き止めた。




「本多くんがどこにいるかわかるの?」

少し間が空いて、

「いや」

と暗い返事が返ってくる。