採用されて一ヶ月が経ち、最初は使い慣れていなかったソフトも上手く使いこなせるようになって、上司である由佐さんからは休憩時間やちょっとした合間にからかわれたりするが、仕事は順調だった。

けれど、今週に入って新しい企画の営業で出張や会議が多くなり、課全体がバタバタし始めていた。
由佐さんも忙しいようで、会議から帰ってきたと思ったらすぐに外出し、夜は遅くまで残っているようで彼の体調が心配だった。
課長って忙しいポジションだとは思うけれど、休むときはしっかり休まないと……由佐さん、お昼ご飯とかちゃんと食べているのかな?

余計なお世話かと思うけれどなんだか気になってしまって、由佐さんが忙しそうにオフィスを出ていくたびに大丈夫かなと目で追っていた。

そういえば今日も、午前中はずっと会議で午後も忙しいんだっけ……。
お昼休みの前に経理部へ書類を持っていって自分のデスクへ戻ってくると、外出や昼食で課の人たちはいなかった。

今日はお弁当を持ってきていないから、わたしもどこかでランチをしようと支度をしていると、由佐さんのデスクの上に鞄が置いてあることに気づく。
戻ってきているのかなと給湯室を覗いてみると、上着を脱いでソファに横になっている由佐さんを見つけた。

この作品のキーワード
オフィスラブ  意地悪  課長  上司  猫かぶり  バーテンダー  じれじれ