駅で、会社に戻る、という海里に、一応、
「お世話になりました」
と頭を深々下げたあとで、あまりは自宅にフラフラと帰った。

 カフェの前を通りながら、ああ、なんだかあの世界が遠い、と思って眺めていた。

 成田が女性客と話しているのが遠くに見える。

 夢のような世界だったな。

 私はもう穢れた人間なので、キラキラ輝いていたあそこには戻れない気がする、と思いながら、トボトボとひとりが家へと帰った。

 実家とは違う狭いリビングで、騒がしい番組を見ながら、結局、食べなかった羊羹を抱いて、一日、転がっていた。





この作品のキーワード
オフィスラブ  ラブコメ  ほのぼの  政略結婚  大人の恋  御曹司  崖っぷち  上司  逆ハー  ツンデレ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。