「け、警察の方だったんですか」

 あまりは苦笑いして、今、防犯ブザーを鳴らそうとした事実を誤摩化そうとした。

「いや待て、あまり」
と警戒を解こうとするあまりの肩をつかみ、海里が言ってくる。

「わからんぞ。
 本人がそう名乗っているだけじゃないか。

 何処にそんな証拠がある」
と言うと男は、いやいやいや、と言い、

「今、警察手帳をと思ったんですけど、勤務中じゃないので、持ってなかったんですよ」
と言う。

「じゃあ、却下だ。
 警察手帳を持って出直してこい」
と逆さに持ったワインの瓶を男の鼻先に突きつけ、海里は言う。

 どっちが警察だ、という融通のきかなさだ。

 そして、なんのためにこの人、出直してくる必要があるんだ、と思っていたが。

 今まで挨拶するだけだったのに、声をかけてきたのには、訳があったようだった。

「実は、君が勤めてるカフェに、我々、三課が追っている人間が時折現れるんだよね」

この作品のキーワード
オフィスラブ  ラブコメ  ほのぼの  政略結婚  大人の恋  御曹司  崖っぷち  上司  逆ハー  ツンデレ