考え疲れて、うたた寝してしまった夢の中。

 はははは、と海里の会社のあるビルの上、マントを着た海里が現れた。

 いつもは、かかったな、あまりっ、と叫ぶところだが、その海里は怒ったように、
「かかってないじゃないか、あまりっ」
と言ってきた。

 まったくです。

 私が一目惚れした相手は海里さんではなかったようです。

 うなされていたあまりをチャイムが起こす。

 インターフォンを取り、
「服部さんですか?」
と言うと、

「……なんで服部限定だ」
と海里の声がする。

 貴方でないといいなあ、と思ったからです。

 そして、服部さんなのは、単にお隣りさんなので、現れる確率が高いからです、と口に出さずに思っていると、

「いいから、開けろ」
と海里は怒ったように言う。

 ドアを蹴破られそうな勢いだったので、海岸で十字架にはりつけになって、今、まさに火をかけようとされているような気分で、それを開ける。

 海岸なのは、海水で消せないかなあ、とつい、逃げ道を探してしまったからだろう。

この作品のキーワード
オフィスラブ  ラブコメ  ほのぼの  政略結婚  大人の恋  御曹司  崖っぷち  上司  逆ハー  ツンデレ