スマートフォンが着信音を奏で始める。
画面には彼の名前。


胸をなでおろした。
一方で緊張感も走る。

しくじってはならない。
心のうちを見透かされないようにしなければ。


目の前の女性の鋭い視線にニッコリと笑ってから電話に出る。

『五木です。お世話になっております。どうされましたか?』

電話の向こうから聞こえるのはよそいきの声と話し方。

電話の向こうが騒がしい。

おそらく彼は今職場からかけてくれているんだろう、私が何度もかけたから。


「五木さんお世話になってます。すみません、何度も電話してしまって。あの実は、今日の予定なんですけど、」

『あ、ご都合悪いですか?』

「いえ、そうじゃないんですよ。すみません、私、予定を書いてた手帳を自宅に忘れてきてしまってですね。時間と場所を確認しようと思いまして」

『あー、なるほどですね。時間は』

「19時に五木さんの事務所でよろしかったですよね?」

『え?……あ~あ!そうでした、はい。19時にお待ちしています』

「ありがとうございます」

そうして、お互いに電話を切った。


「ね、仕事の予定でしょ?」

私は目の前の女性にニッコリと笑いかけると、依然鋭い視線を向けている彼女の表情がほんの少しだけゆるんだ。

うん、大丈夫。

「もうっ。疑われるとホント仕事しにくいからね。五木さんと私が怪しいだなんて」

「ごめんごめん」

うん、大丈夫。

正直、彼女はまだ私と彼のことを疑っているだろう。
だけど、とりあえず今回のところは多分私の勝ち。


「友達のダンナなんて興味ないからね。ね、五木まみさん」

わざとらしく彼女をフルネームで呼び、いかにも罪のない笑みを向けた。



墓場まで持っていくために 終

この作品のキーワード
OL  サラリーマン  禁断  秘密  短編  大人の恋  浮気  裏切り  三角関係