今日は金曜日。
配属から1ヶ月が経ち皆今の配属先にも慣れつつ愚痴も言いたくなってきた頃と言うことで飲み会をする事にした。


研修班が一緒だったメンバーだ。

梨乃ちゃんと紗希ちゃんとは3人で一緒に上がれたので会社近くの居酒屋に来ている。

今日は直帰だという営業部の白石くんのみちょっと仕事が押しているみたいで遅刻。

女子3人で先に始めることにした。

サラダを食べながら最初のオーダーのお酒が来た頃白石君も到着。
それを見越して頼んでた彼のビールもあるので揃って乾杯した。



「皆お疲れ様!」

そうして始まった久しぶりの飲み会。

「もー、聞いてよ!受付のお姉さま方ってなんで笑顔で良い男探しばっかしてんのよ!」

「まぁ、受付なら取引先多数だし、会社の顔だから美人揃いなんだしそうなるんじゃない?」

「値踏みばっかしてるし、狙ってるイケメン役職者がくると凄いんだよ。万一にも私が対応するとさ、すっごい嫌味飛んでくるし。」

「それは面倒そうね。」

「紗希、お疲れ様」

そう口々に言うと


「あー、私も受付じゃなくて庶務課の内勤が良かったよぉ」

飲みながら愚痴る紗希ちゃん

「俺もその方が安心だけど配属はそう自由にならないんだから仕方ないだろ」

そういう白石くんと紗希ちゃんはお付き合いしているカップルです。

大学の時からだから付き合いも長くって就職決まってからは両親にも話して現在は同棲中。
仲良しカップルさん。

「白石くんが日々愚痴も聞いてくれてるのね、仲良くて良いねぇ」
と返す。

「ホントよね、私と麻里花は独り者なのにさ!」

とは梨乃ちゃん


「ま、そこは彼氏だからね。お互い色々言えなきゃ付き合ってけないでしょ?」
と白石くん。
「涼!あんた2人に話しすぎよ!」


紗希ちゃん照れてる、可愛い。
普段サバサバのビシッとタイプなのに。
やっぱり白石くんの前では乙女なんだなぁ。


この作品のキーワード
御曹司  イケメン  天然娘  美人  溺愛  恋愛小説大賞